ピカソ 
ニットの基本的なことを学び終え、さらに自由な発想で作品が作れるようデザインの発想を学ぶ“デザイナーズ養成講座”。
今回はこちらのクラスから作品を紹介したいと思います*


C・Aさんは、ピカソの「詩人」という絵からイメージを膨らませ、デザインを起こしました。


こちらがピカソの「詩人」



そして、完成した作品がこちら!!
P1130402.jpg
見事に絵のイメージが編地で表現されています!
この作品は細長い編地をたくさん作りつなげていったそうです。
C・Aさんはどこでも持ち歩いて編めるように、いつもこの方法で作品を作っているそうです^^

P1130404.jpg
色んな素材をうまく組み合わせていますね。
編地もよく見ると色んな模様が入っています。

自分でデザインを考えるのはすごく難しいですが、こんな風に何かをもとに考えるとイメージが湧きやすいですよね!

とても勉強になる講座だと思います。

そして今年も夏にニットフェスタ(ニットのファッションショー)が行われます。
少しずつ動き出してきました!

今回紹介したC・Aさんも作品を出します。
こちらも楽しみですね♪


それでは、また何か作品ができたらご紹介します*
スポンサーサイト